top of page
ブログ

Blog

​ブログ

CAT4テストとは?

目次




1. CAT4テストとは?


学校は、CAT4テスト(認知能力テスト第4版)をさまざまな目的で利用しています。CAT4と他の形成的試験(SATsやGCSEsなど)との最大の違いは、カリキュラムで学んだことではなく、子ども本来の能力を測定することです。CAT4の結果によって、学校は子どもの潜在能力をより総合的に把握することができます。また、このテストは、教室ではすぐにはわからないような子供の能力の要素も浮き彫りにします。


英国で最も広く利用されている認知能力テストの1つであるCAT4評価は、将来の試験や教育到達度における生徒の成績を予測することで知られています。


CAT4テストでは、いくつかの分野がテストされます。言語的推論、非言語的推論、数量的推論、空間的推論などです。CAT4は、生徒の潜在的な成果を正確に分析し、教師が生徒を全国的な基準に照らして正確に評価することを可能にします。


CAT4は、GLアセスメントによって開発・提供され、学校を通じてのみ受験することができます。この認知能力テストは、何度か繰り返され(今回が4回目)、25,000人の生徒を対象に標準化されました。


このテストは、生徒の年齢に応じてさまざまなレベルで実施される。これらのテストは、6歳から17歳以上まで受けることができます。CAT4は1回45分のテストを3回行うので、合計2時間15分となります。




2. テストは何を測定するのか?


CAT4は学校によって以下の目的で使用されます:


1. 選抜入試の一環として受験者の学力を評価する。

2. 生徒を学力別に選抜する。

3. 全国的なテストや試験の指標とする(GCSE の予想成績の設定など)。


2.1 生徒の評価方法


CAT4試験は4つのセクションに分かれており、それぞれ異なる認知能力を評価します。


レベルA~Gの場合、試験は3つのパートに分かれ(数量的推理と空間的推理が組み合わされる)、それぞれ40~45分で行われる。試験時間は通常約2時間です。各セクションにはそれぞれ問題数があります。各試験を決められた時間内に解かなければなりません。


CAT4は紙とデジタルの両方で受験できます。したがって、受験する学校/試験機関に形式を確認するのが最善の方法です。デジタル形式の試験は完全にオンラインで受験し、ペーパー形式の試験は解答冊子で解答する必要があります。

2.2 どのような科目がテストされるか


CAT4には、年齢層別に10段階のレベルが用意されている。各レベルの内容は、その年齢層に適しています。


11歳以上対象としてCAT4を受験する場合は、レベルCまたはレベルDを受験することになります。


  • レベルA:8~9歳

  • レベルB:9~10歳

  • レベルC:10~11歳

  • レベルD:11~12歳

  • レベルE:12~13歳

  • レベルF:13~15歳

  • レベルG:15歳以上


CAT4は4つのセクションに分かれています。問題は「パズル」のように出題され、以下の分野の基礎能力を評価します:


  • 言語的推理 - 言葉や言葉の使い方を通して、生徒がどのように考えを表現するかを評価します。

    • これには、単語間の関係を識別する、単語の意味を理解する、書かれた情報から推測する、書かれた指示に従う、などの課題が含まれます。言語的推論の課題には、理解練習、類推、言葉の連想、言葉のパターンの識別などが含まれることが多いです。

  • 非言語的推論 - 絵、図、インフォグラフィックを使って、どのように問題を解くかを評価します。

    • 非言語的推理は、言語ではなく、視覚的なパターンや図形を使った問題解決能力に重点を置きます。生徒には抽象的なデザイン、形、図形が提示され、それらの間の関係、類似点、相違点を識別することが求められます。非言語的推論の課題には、系列の完成、行列、図形の類推、空間的推論パズルなどがあります。

  • 数量的推理 - 数字を使って問題を解く能力を評価します。数列や数間の関係などを調べます。

    • これには数値の概念、演算、関係を含む課題が含まれます。生徒は、数学的問題を解くこと、図表に示されたデータを解釈すること、数のパターンを識別すること、数学的原理を応用して問題を解決することなどが求められる場合があります。数量的推論の課題では、論理的思考、数値の流暢さ、数学的概念を実世界の文脈に適用する能力が求められることがよくあります。

  • 空間的推理 - 生徒が3次元を使ってどのように考え、結論を出すかを評価します。

    • 空間的推理は、空間内の物体を視覚化し、操作する生徒の能力を評価します。これには、空間的関係の理解、図形の心的回転、遠近法、異なる角度からの物体の視覚化に関する課題が含まれます。空間的推論の課題には、2次元および3次元の形状のパターンを識別すること、対称的な図形を認識すること、空間内で物体がどのように変形または回転するかを理解することが含まれることがよくあります。




3. 学生はどのように準備できるか


CAT4テストは、教科の知識ではなく、子ども本来の学力を測ることを目的としています。そのため、CAT4の公式資料やサンプルペーパーはありません。GLは、練習は必要ないと主張しています。


しかし、多くのCAT4受験生にとって、テストのプロセスは初めてのものかもしれません。そのため、お子様が試験当日に最大限の力を発揮できるよう、いくつかの方法で準備することができます。


まず、お子様に試験についてよく知っていただくことをお勧めします。これは家庭でも、授業料センターでの模擬試験でも可能です。模擬試験は、実際の試験の形式や手順を垣間見ることができる、なくてはならないツールです。


さらに、推論試験で必要とされるテクニックを学ぶこともできます。すべての言語による推論問題は、問題解決と英語の知識を必要とし、同じタイプのスキルをテストします。非言語的、数量的、空間的な推論問題も同様です。お子様のスキルセットを準備し、家庭教師と一緒に練習問題を解くことで、成功への準備を整えることができます。




4. CAT4の採点


デジタル方式で行われる試験は、コンピューター採点システムによって採点さ れます。ペーパー試験の解答用紙はスキャンされ、光学式マーク読取装置(OMR)で採点さ れます。


この試験は標準化された採点システムで採点されます。つまり、各問題には特定の点数が割り当てられ、学生はその回答に基づいて点数を受け取ります。これらの得点は合計され、各科目および試験全体の総合得点となります。これを生得点といいます。


生得点は標準化年齢得点(SAS)に変換されます。このSASは、受験時の各生徒の年齢を年・月単位で考慮し、年齢グループ全体における公平性を確保します。




5. 練習問題


5.1 言語推論

言語推論は、言葉や言葉の使い方を通して、生徒がどのように考えを表現するかを評価します。


語彙分類

このテスト式は、一般的な口頭での推論や、様々な概念の類似点や関係を特定し、一般原理見分ける能力を評価します。また、一般知識(例:足首-ankle-は関節-joint-であること)、語彙力(例:"cold"は風邪、または低温のどちらかを意味する)、言語の発達(例:一部の単語は動詞と名詞の両方として使える可能性があることなど)も評価されます。

語彙類推

このテスト式では、最初の単語のペアがどう関連しているかを見分け、次に二つ目の単語のペアを完成させる言葉をを 5 つの解答から選択します。


5.2 非言語的推論

非言語的推論は、絵、図、インフォグラフィックを使って、どのように問題を解くかを評価します。


図形分類

このテストは、サンプル画像との類似点、相違点、および関係を特定する能力を評価します。


図形行列

このテストは、サンプル画像の共通ルールを特定し、回答選択肢の中から正しい図形を見つける問題です。パターン認識、論理的思考、抽象的な概念を視覚化する能力が試されます。


5.3 量的推論

数量的推理は、数字を使って問題を解く能力を評価します。数列や数間の関係などを調べます。


数値類推

このテストは、数学的な関係を共有する3組の数字があり、3組目の書かれていない数字を特定する問題です。主に算術能力と生徒の柔軟性が試されます。

数列

このテストは、各質問で一連の数字の規則性を見つけ出し、提示された五つの選択肢から級数に当てはまる数字を選択する問題です。


5.4 空間的推論

空間的推理は、生徒が3次元を使ってどのように考え、結論を出すかを評価します。


図形解析

このテストでは、生徒の視覚化過程を評価します。複雑なイメージを頭の中で作成、記憶し、想像上の結果を他の提示された資料と比較する能力。


図形認識

このテストは、サンプル画像と同じ図形を含むものを探す問題です。視覚化能力、特に角度と長さを正確に特定する能力を評価します。


6. よくある質問


1. CAT4は適応性がありますか?

いいえ-CAT4は非適応型テストです。すべての問題はあらかじめ決められたもので、同じ時間に同じテストを受ける子どもたちは、同じ問題を見ることになります。


2. CAT4はIQテストですか?

CAT4は、子どものIQを測定することを目的としているわけではないが、大人向けのIQテストに似ている部分もあります。CAT4は、学習した知識(英語、数学、科学など)の代わりに、生まれつきの学力と潜在能力を評価します。そのため、従来の学校のテストに比べ、カリキュラムに基づいたものではありません。


3. CAT4は難しい試験か?

CAT4テストの問題は、年齢相応にデザインされています。このテストで最も難しいのは、子どもたちが問題のスタイルに慣れていないことです。


もしお子さんが11プラスを受験していれば、言語的推理と非言語的推理の問題の出題方法に類似点があることに気づくかもしれません。


4. CAT4はいつ受けるのですか?

CAT4をいつ実施するかは、個々の学校次第である。実施時期は、レベルや学校が結果をどのように利用したいかによって異なります。一般的な評価時期は以下の通り:


  • Year 6 の 10 月~1 月:Year 7 に入学するための 11 plus 試験として実施します。

  • Year7の9月:生徒を学力別にクラス分けします。


また、学年の途中で入学した生徒を個別に評価することもできます。GLアセスメントでは、9月から11月の間にテストを受けると、最も正確なデータ比較ができると学校側にアドバイスしています。この時期に標準化が行われます。


5. CAT4試験の練習はできますか?

CAT4テストは、学習した知識ではなく、子供本来の学力を評価するように作られています。GLアセスメントでは、模擬試験の作成は行っておりません。


多くのお子様にとって、CAT4 は時間を計るアセスメントを初めて経験するテストかもしれません。CAT4のための復習はできませんが、例題を練習してテスト形式に慣れることはできます。

コメント


bottom of page